海外医薬品でクラミジア撃退

セックスパートナーとの間で一番に気を付けなくてはいけないのは性行為による性感染症です。
皆さんはクラミジアと言う病気を聞いたことはありますか。性感染症の中でももっと感染者の多い病気です。最近の統計によると若い男女の10人に3人の割合で感染していると言われています。中でもこの性感染症は無症状の場合が多く本人が感染してる自覚がないまま第三者へ感染してる場合が殆どです。男性の場合ですと感染した際、潜伏期間を経た後に尿道にかゆみが出たり、排尿時には軽い痛みを感じる程度です。女性の場合、潜伏期間を経た後おりものが増えたり、生理痛のような痛みが出ますが殆どが無症状と言われています。喉にも感染する場合があり、フェラチオなどのオーラルセックスのみでも感染するケースがあります。
また感染者はHIVへの感染率も倍以上に増える為、とても危険な病気と言われています。
感染した場合、薬による治療法があります。クラミジア治療で多く処方されているのが、クラビットと言う医薬品です。抗生物質で服用することで性病の原因である細菌を殺菌する効果があります。主成分のレボフロキサシンは細菌増殖のみに効果があり、副作用が少なく悪影響が少ないことから様々な面で処方されることの多い医薬品です。値段は少し高めではありますが、先程もお話したように他の病気に対しても効果がある薬となっている為、万能薬とも言われています。
またクラビット以外にも有名なジスロマックと言う医薬品があります。こちらも同じく抗生物質となっています。その特徴として性感染症に感染した際の治療の殆どが、何度も薬を飲んだり、長期的に治療していくのですが、ジスロマックの場合は一回の服用でその効果は一週間ほど続く点です。薬を飲んだ経験のある方ならわかると思いますが、服用を忘れてしまうケースがあります。一回忘れてしまうとそのまま服用せずに終わってしまうことがありますが、長い期間効果がある為、忘れる心配もありません。ですが、報告例として服用したことで下痢や腹痛と言った副作用が出ることもあるので心配な方は小分けにして服用することをお勧めします。
最後になりますが、薬のおかげで完治出来る病気とはいえ、やはりパートナーへの想いやりは忘れてはいけません。感染を防ぐ為にはやはり事前に予防することが必要であり、性行為の際にはコンドームを着用するべきです。
自覚症状の無い性感染症だからこそもっと真剣に性について考えるべきです。

通販サイト紹介

ジスロマックのアジーを通販してクラミジア治療する|お薬なび