クラミジアや淋病にはジスロマック 検査キットページバナー 体験談ページバナー

クラミジアは放置すると不妊症などを引き起こす可能性があり危険です。定期的に検査をし早期発見、早期治療を心がけましょう!

クラミジアの症状と特徴~女性~

頭を抱える女性 女性にとって性病は、不快で厄介で非常に面倒な病気でもあります。

もちろん男性においても同じ事が言える病気です。

男性の場合について詳しくは『クラミジアの症状-男性-』のページ内にて説明をしておりますので気になる方がもしいましたら、お確かめください。

性感染症の中でも特にクラミジアという病気は、女性にとって子供を作ることができる、できないに関わってしまう重篤な病気を引き起こすきっかけとなってしまう可能性があるため、感染した場合は、とても不安な気持ちになってしまう事もあります。

クラミジアという病気はクラミジアトラコマティスという菌に感染することで発症します。

この菌は泌尿生殖器に住み着きやすいという点からも分かるように、性行為をすることで感染します。

女性の下着姿の下半身 そして、女性の場合、感染が進むと不妊症にもなってしまうため、常に気を付けなければならない感染症です。

この病気の厄介な点は、感染した際の症状が現れにくいという点です。

感染した2割程度の人が症状が出なかったといわれている為、気がつかないまま症状を悪化させていたという例が多い病気でもあります。

初期症状としては、オリモノの量が増えたり、色が黄色くしかも水っぽいものに変化したりします。
いつも気にされている方は分かりやすいかもしれませんが、あまり気にしてないことも多いため、この時点で気づかない場合も多いです。

また、下腹部に軽い違和感を感じることもあれば、性行時に軽い痛みを感じる場合があります。

どちらも軽いため、これも気づき難いかもしれません。

ただし、この菌はどんどん性器の奥に進行していく感染症です。

その為、膀胱炎のような症状から次に子宮頚管、子宮内膜、子宮付属器、骨盤、最終的には肝臓にまで達してしまい、炎症の具合をどんどん深刻化させていきます。

感染の進行具合によって、何かがおかしいと気が付く場合がありますが、子宮付属器まで達してしまうと、卵管が炎症で狭くなり、下手をすると閉じてしまいます。

そうなると卵子も精子も通れなくなるので、不妊症という症状に陥ってしまいます。

そうなる前にも、ちょっとした違和感を感じたら、すぐに検査をした方が間違いありません。

クラミジアが引き起こす病態のイラスト 近年、性病は低年齢化が進み、クラミジアも13歳で感染したという報告がされています。

また、性器自体の知識についても、若年層ではあまりに乏しい場合もありますし、かといって成人でもあまり詳しく知らない場合が多いのが現状です。

その為、おかしいと気が付かない方が多いことも頷けます。

女性は子供を産むという人類にとって大変貴重な機能を持った生き物です。その機能を失わないためにも、日ごろから自身の体についてはもう少し詳しく知っておく必要があるといえます。