クラミジアや淋病にはジスロマック 検査キットページバナー 体験談ページバナー

クラミジアは気づきにくい性感染症ですが、男性の場合は軽い痛みや、尿に変化が出ます。気付いたらジスロマックで即治療!

クラミジアの症状と特徴~男性~

遠くを見つめる男性 クラミジアという性病は、男性女性に関係なくかかる病気です。

性病といわれるように、性行為から人から人に感染する病気で、非常に感染力が強いクラミジアトラコマティスという菌が原因で発症します。

この菌は、まだ未発展な社会、あまり衛生的ではない文明でトラコーマという目の結膜に感染する病気の病原菌として有名でした。

その為、近年になって泌尿生殖器に住み着きやすいことが判明したことで、性病として広く知られるようになりました。

ウイルス 治療法としては、治療薬であるジスロマックを服用することで治りますが、ジスロマックは医療機関でしか処方されない薬のため、国内で購入することができません。

しかし、近年ではネット通販で海外で販売されているジェネリック医薬品を手に入れることが可能になったため、自分自身がクラミジアだと判別できれば、このような方法で手軽に治療ができる症状でもあります。

しかしながらこの病気は、非常に症状が分かりにくいことが特徴です。

男性が症状にかかった場合、尿道炎という排尿時に痛みを伴う症状が出るのですが、これがあまり痛みを感じないといわれています。ちょっとチクッとするぐらいだったり、なんか違和感があるといった感じのため、そのまま放置してしまうことも多いようです。

また、膿も出る場合がありますが、少量でしかも透明な水っぽいもののため、気が付かない場合が多いでしょう。

更に上記を放置して症状が進むと、菌がどんどん性器の奥に入り込むため睾丸にも炎症が起きてしまいます。

こうなると、睾丸が腫れ、触ると痛みがでます。ただしこの痛みも人によっては軽い場合もあるようです。

更に症状が進めば、内部で膿も溜るため、高熱が発生し、最悪精子が作れない状況に陥る可能性もあります。

このくらい症状が分かりやすくでれば、すぐに対応のしがいがあるのですが、やはりここまで進んでも、微熱で済んだりしてしまい、クラミジアだという判断が難しい場合もあるのです。

その為、少しでも違和感を感じるのであれば、病院で検査をするなり、検査キットを購入して個人で検査するなりの対応をした方が間違いないでしょう。

天狗の目にも涙 これは自分自身の為でもありますが、性行為を行うパートナーの為でもあります。

先にも記載したように、人から人に感染する病気のため、自身が感染していればパートナーへの感染も高くなります。

そうなってしまっては負の連鎖しか起きません。

相手への思いやりの為、またその逆もしかりでお互いが気を付けるべき病気として、しっかりした対応は必要ですね。